« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

藝大にて〜二重奏〜

1/22(金)
藝大の第6ホールにて。

修士課程の学位審査会公開演奏会(1/21〜2/3)の中から、室内楽を聴きに行った。

第6ホールへ続く廊下の両側は防音の小型グランドピアノ練習室がずっとならんでいる。
開始時間(15:00)の10分ほどまえにホールに着いた。
shineprogramshine
(1番目)ROBERT SCHUMANN:ピアノとヴァイオリンのためのソナタNo.1op105
JOHANNES BRAHMS:ピアノとヴァイオリンのためのソナタNo.1op78
(2番目)JOHANNES BRAHMS:ピアノとヴァイオリンのためのソナタNo.2op100
CESAR FRANCK:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ

(3番目)JOHANNES BRAHMS:ピアノとヴィオラのためのソナタNo.1op120-1

JOHANNES BRAHMS:ピアノとヴィオラのためのソナタNo.2op120-2

舞台と客席が近く、ホールの響きも心地よかった…うっとりウトウト(((^^;)


それぞれソナタ全楽章を二つだから、ヒトコマ一時間である。

3番目のヴィオラ〜は用事があって聞けなかったケド。間近での演奏はやはり素晴らしかったcatnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショパンのP協2

1/16(土)
某アマオケの演奏会を聴きに新宿へ。
チャイコの交響曲No.5とショパンのP協で、ピアノソリストが三浦友里恵さんということでとても楽しみにしていた。
客席から舞台を見ると、チャイコからはじまるので、ピアノはまだはしっこで待機していた。
感覚がつかめないまま、ピアノが見えやすい位置をなんとなく予想して席に落ち着いた。
チャイコ交響曲5は、1〜4楽章まである。指揮者が大振りなのが私にはngだったが、演奏自体はアマオケてあれば無難なところ。
 
前半がおわり、休憩の間にピアノが移動…私の席から見えやすくほっとした。
 
三浦さんは赤いドレスでご登場♪ポスターなどで見かける、ゆるやかなパーマの黒いロングヘアーではなく、ストレートでセミロングになっていたので、一層若く見えた。
 
とても華奢で小柄なのに、全身から溢れるパワーでの演奏に、引き込まれた。
 
ショパンらしいマズルカのリズムやきらびやかなメロディーにうっとりである。
 
アンコールではショパンの幻想即興曲を華麗に演奏してくださり、そのあとオケと一緒に下記の曲を演奏。
 
マラカスやいろんな打楽器が加わり、とても盛り上って楽しい曲だった。
 
帰りにロビーで三浦さんのcd販売があった。
購入して人にサインをしていたが、めちゃくちゃ顔が小さい。
間近だとより可愛いかった。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

いつか…聴きに行きたい♪

曇ってるせいか、妙に冷える〜((T_T))
 
いつもは通勤時間帯に聞いてるFMクラシックカフェ(再放送)

今日はのんびり14:00〜通常の放送を聞いている。

今日はmemoフランスもの♪
(抜粋)
ドビュッシーのpiano曲
・2つのアラベスク
・ベルガマスク組曲
 ↓
ラヴェルのpiano曲
・水の戯れ
・ハイドンの名によるメヌエット
・ソナチネ etc
・ピアノ協奏曲ト長調←ラスト。
独特の曲調だけど
フランスものは、何だかうっとり〜ひきこまれてしまう♪( ̄▽ ̄)ノ″

楽しみなのは、lastのラヴェル/ピアノ協奏曲ト長調。
知ったのは「のだめ」で、すっかりお気に入りの曲になった。

 
 
今日の演奏は 指揮シャルル・デュトワ、ピアノ/マルタ・アルゲリッチ〜若かりしころの収録cdである。 とても情熱的な彼女のピアノ…個人的に好きなピアニストの1人だ。
いまは白髪のおばぁちゃまだけど。
 
この2人は昔、結婚して別れている。
彼女はロバート・チェンという指揮者が初婚、すぐ別れる。 そのあとショパン国際コンクールルで優勝し…数年後シャルルさんと結婚→離婚、そして3度目にピアニストと結婚。 情熱的な彼女、ピアノを演奏している若いころの写真をcdジャケットなどで見たことあるけど、すごく魅力的だなと思ってしまう。

おっと〜(((^_^;)
ラヴェル協奏曲はじまってしまったheart02
いつか演奏会で聞いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

2010年shine元旦〜初詣〜仕事始め

あっという間のお休みが終わり…weep 今日は仕事始めだったshock
 
寒い寒いsnowsweat01
久しぶりの早起きは辛い…それに今年の冬はなんだか厳しい寒さになりそう((T_T))
 
 
マイナーな予感(↑)はさておき、
 
2010年元旦
はじめてのクルージングで初日の出に感動
 
 

日の出桟橋からでている、シンフォニークルージングで、初日の出クルーズという企画ものだった。
昨年暮れ、親&親戚に誘われて〜最初は気乗りしなかったのに。
ところが〜初日の出クルーズめちゃくちゃ感動した!

5:50に出航〜バイキング〜6:30すぎに日の出がよく見えるスポットへ。
位置的には東京湾を出たところらしく。
反対には雪化粧の富士山が遠くに見えた。

太陽の光が少しずつ出てくると、自然と歓声と拍手…(私もつられてパチパチ)

こーゆう瞬間、日本っていいなぁって単純に思って嬉しくなるhappy01


1/2は初詣。
こちらもはじめての神田明神〜flair
むかしは靖国神社や明治神宮など超コミ路線だったけど。
ここ数年は人混みの多さに参っていかないこともあった(((・・;)

神田明神はほどよい混雑でイライラすることもなく、ヨカッタhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »