« <1>平成22年度 藝大卒試公開演奏会〜1日目(12/6)〜 | トップページ | <3>藝大卒試〜3日目(12/8)〜 »

2010年12月10日 (金)

<2>藝大卒試〜2日目(12/7)〜

続いて2日目〜12/7(火)〜

(1)三木 蓉子
  R.Schumann:Carnaval Op.58

(2)森田 みず希
  F.Chopin:Sonate Nr.3 h-moll Op.58

(3)坂本 彩
  J.Brahms:4 Balladen Op.10

(4)縣 佑基
  S.Rachmaninov:Sonate No.2 B-flat minor Op.36
         (Revised Edition,1931)


※※※ 昼休み ※※※


(5)日高 志野
  S.Prokofiev:Sonate Nr.8 B-flat major Op.84

(6)田口 利康
  M.Mussorgsky:Pictures at an Exhibition

(7)中村 康彦
  S.Rachmaninov:Sonate No.2 B-flat minor Op.36
         (Revised Edition,1931)

          Vocalise cisーmoll Op.34ー14(arr.Zoltan Kocsis)


(8)服部 怜理
  S.Prokofiev:Vision Fugitives Op.22束の間の幻影


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
二日目は男子学生が3人登場。
ともにロシアものを選曲していて、おもしろいなと思った。

この日は朝のFMクラシックカフェでもショパンとシューマンのピアノ曲だった。

ランランの子供の情景や
ユンディ・リの謝肉祭、
マリア・ジョアン・ピレシュのちょっと遅めのショパンソナタNo.3などなど。

なので勝手にロマン派気分のまま、奏楽堂へ(^^)

気のせいか初日よりピアノの音がよく響いてるように聞こえた。

特に、初日のブラームスのバラードは音がこもっていてたので、二日目のブラームスははっきりとした音でよかった。

ロシアの作曲家ものはやはり男性が演奏するとかっこいいなとつくづく感じる。
4人目のラフマ、やはり今までの演奏を越えた力強い音の連打に驚く。

ただ午後に同じラフマを演奏した学生のほうが、際立って音がよかった。

|

« <1>平成22年度 藝大卒試公開演奏会〜1日目(12/6)〜 | トップページ | <3>藝大卒試〜3日目(12/8)〜 »

Classic♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« <1>平成22年度 藝大卒試公開演奏会〜1日目(12/6)〜 | トップページ | <3>藝大卒試〜3日目(12/8)〜 »